続 闘う者達。。

2018年10月9日

2018年10月8日行われたオヤジキック、オナゴキックにCONTINUEから3名の勇者がリングに立ちました!!

3人とも、常に私が伝える全力を出すという指令をリング上で実行してくれて結果問わず、全て素晴らしい試合になりました。

リングに上がって試合をするという経験は誰しもできるものではないですし、彼らも今回の貴重な経験を経て成長してくれたと思います。

 

 

今年は地震や台風の天災がよく起こり、若干日本国民全体が緊張感もって日々を過ごした時間が多かった事とは思いますが、基本的に日本はありがたい事に平和な毎日、日常を過ごせているんではないかと思います。

 

私の意見としては、もちろん毎日平和に越したことはないのですが、あまり緩すぎる平和ボケはいかんと思います…。

 

何事も緊張と緩和のバランスが大事ですし、自分の人生における緊張や刺激をどういう風にもってくるのかは人それぞれですが、こういったオヤジキックなどのいわゆる壮年部のイベントはそういった日常の刺激、緊張に一役買っているのではないかと思います。

 

 

勝負事というのは勝ちもあれば負けもあります。

特にリングに上がる当人は勝ちを目指して努力すべきです。しかし、結果終えてから後々皆気づくはずです。

『前に踏み出して、勇気をもって挑戦したことが最も大きい事』だったんだと。

 

 

これはキックボクシングの試合に限らず何事にも共通することです。

できるかできないかわからないものに対して、勇気をもって挑戦してみる事は終えてから自身に沢山の学びと真の自信を与えてくれることでしょう。

もちろん、そればかりでは疲れるので上記した緊張と緩和のバランスを上手く理解して生きていけたらいいですね。

 

 

最後になりますが、今回会場に応援、サポートにきてくれた方々はもちろん、来れなかった方々も含め沢山のサポート本当にありがとうございました。

まだCONTINUEが1年経ていない中で、このチーム力というのはいい意味で私の想定外です。

本当に感謝しています。

 

今後とも皆さんよろしくお願い致します。押忍!!